アートな世界にどっぷり浸かれる!お泊まりできちゃうゴッホの寝室


こんにちは。

ART-HOLIC(アートホリック)店長のEmiです。

今回2回目のブログということで皆さんに有名な画家フィンセント・ファン・ゴッホの

絵画の中にお泊まりできちゃうという話題の宿泊施設のご紹介をしたいと思います。

スクリーンショット 2016-03-15 3.22.45

ゴッホといえば「ひまわり」「夜のカフェテラス」なんかが有名ですよね。

そんな中、絵画の中でお泊まりできると話題になっていたのが

アイキャッチ画像にある「ゴッホの寝室」

絵画と間違えそうじゃないですか?

uploaded-1

ゴッホの絵の特徴をよく掴んでますよね。

キャンバスに絵の具を塗りつけるのではなく、乗せているような描き方をしていること

うねりや渦巻きはゴッホが精神的に不安定になっている時よく描かれているそう。

しかも、ゴッホは日本の浮世絵にかなり影響を受けてたのをご存知ですか?

ゴッホ自画像の背景にも浮世絵が描かれているそうです。

uploaded-2

そして、この宿泊施設、シカゴ美術館で開催されていた「ファン・ゴッホの寝室」3つすべてが展示されることを記念した特別企画だったのです。

そう!残念なことにキャンペーンは終了しています。

絵画の中にお泊りできるなんてこんなチャンス滅多にありませんよね。

知っていれば泊った…とは簡単に言えませんが(笑)

絵画ではシンプルなお部屋のようなんですが

実は、Wi-Fi、テレビ、バスルーム、キッチンまで完備されていて意外に居心地は良さそう(笑)

なんだか不思議な感覚になりそうですよね。

そして、宿泊費も破格の1,100円だったとか!安すぎる(笑)

1,100円で名画の中にお泊りし快適に過ごせるとなれば世界中から予約が殺到したそうで

あっという間に完売になったそうです。

 

このような細部まで忠実に再現された絵の中にお泊りするのって

どんな気持ちになるんでしょうね。

想像してみるんですが「変な感じ…」くらいしかでてきません(笑)

ボキャブラリーが少なくて申し訳ないです(恥)

 

お泊りした方の感想なんて聞いてみたいですよね。

何かインスパイアされることがあったのか?

アイデアが浮かんだ?なんて

日本でもこのようなイベントを開催してくれたら嬉しいですね。

海外とは違い少しだけスケールの小さな日本なのですが

日本でも面白いアートのイベントはあります。

これからも皆さんが面白そうと思って頂けるような情報を

お届けしていきたいと思います♪

 

☆===★====

来月お仕事で京都に行きます。

丁度、桜の季節

見所満載の京都

綺麗な風景がとっても楽しみです。


Emi
Emi

コメントを残す