遊び心と反骨精神!浮世絵パンクの歌川国芳が超クール


こんにちは。ART-HOLIC(アートホリック)店長のEMIでーす♪

 

皆さん、夏バテしていませんか?

 

ちゃんと水分補給していますか?

 

今回は、暑さを吹き飛ばすような浮世絵パンクをご紹介させて頂きます。

 

浮世絵、なんとなくカッコよくないですか?

 

色気のある美人画を描いた喜多川歌麿、北斎ブルーで世界を驚かせた天才・葛飾北斎、

 

独特の感性を発揮する写楽、ゴッホに影響を与えた広重

 

昔の日本には天才がたくさんいたんです。

 

そんな中、今回ご紹介させて頂く天才は幕末に活躍した浮世絵師「歌川国芳」

 

話題になった伊藤若冲、長沢芦雪と共に今、注目されている「奇想の絵師」です。

 

http://mag.japaaan.com/archives/36189
http://mag.japaaan.com/archives/36189

この絵には国芳の遊び心がたくさんちりばめられています。

 

羽織ものは猫にドクロ、下駄もドクロっぽく見えませんか?

 

庶民文化が開花した江戸時代後期に登場し、「江戸に国芳あり」と称えられた天才浮世絵師・歌川国芳(うたがわくによし)(1798~1861)。

 

http://bakumatsu.org/blog/2012/12/ukiyoe.html
http://bakumatsu.org/blog/2012/12/ukiyoe.html

 

http://bakumatsu.org/blog/2012/12/ukiyoe.html
http://bakumatsu.org/blog/2012/12/ukiyoe.html

 

顔良くみて下さい、人の身体で描かれています〜。

 

幼い頃から貪欲に学んだ国芳さん。12歳の頃には師匠にあたる初代・歌川豊国の目にとまり

 

15歳で弟子入りしたそうです。

 

医学書とか読みあさって人間の骨格なんかも、かなり精密に書いているそうです。

 

https://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/3/3a/Mitsukuni_defying_the_skeleton_spectre_invoked_by_princess_Takiyasha.jpg
https://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/3/3a/Mitsukuni_defying_the_skeleton_spectre_invoked_by_princess_Takiyasha.jpg

 

 

http://bakumatsu.org/blog/2012/12/ukiyoe.html
http://bakumatsu.org/blog/2012/12/ukiyoe.html

 

国芳さんは大の猫好き。猫をモチーフに描かれた絵が多く残されています。

 

http://bakumatsu.org/blog/2012/12/ukiyoe.html
http://bakumatsu.org/blog/2012/12/ukiyoe.html

 

悪そうな猫さんですね(笑)いわゆるドラ猫的な雰囲気!

 

http://bakumatsu.org/blog/2012/12/ukiyoe.html
http://bakumatsu.org/blog/2012/12/ukiyoe.html

 

かえるが…目が…ちょっと…結構気持ち悪い(笑)

 

国芳さんの作品は武者絵、役者絵、美人画、風景画から戯画、春画まで

 

多岐にわたって描かれています。

 

斬新なデザインは枠にとらわれず自由そのもの。海外でも人気の浮世絵師なんですよ。

 

http://bakumatsu.org/blog/2012/12/ukiyoe.html
http://bakumatsu.org/blog/2012/12/ukiyoe.html

日本人の感覚を飛び越えちゃってる!!

 

また、奇抜なデザインの中にはメッセージ性もあると言われています。

 

牙をむく自然の脅威を予想していたかのように作品も多く

 

なんと自分の没年まで予言している作品もあったのです。

 

http://p.twpl.jp/show/orig/cTm74
http://p.twpl.jp/show/orig/cTm74

 

それがこちらの「東都御厩川岸之図」

 

人物が何げなく持っている番傘に記された

 

「千八百六十一番」とい数字。実は国芳さんの没年が西暦「1861年」

 

偶然なのか予言なのか…?どちらでしょうね。

 

http://www.kuniyoshiproject.com/Actor's%20caricatures%20scribbled%20on%20walls.htm
http://www.kuniyoshiproject.com/Actor’s%20caricatures%20scribbled%20on%20walls.htm

 

風刺画も得意だった国芳さん。

 

ウイットにとんだユーモアーたっぷりの落書き風浮世絵・荷宝蔵壁のむだ書

 

http://nigaoe-akira.blogspot.jp/2011/10/blog-post_06.html
http://nigaoe-akira.blogspot.jp/2011/10/blog-post_06.html

たっぷりの皮肉を込め「源頼光公館土蜘作妖怪図」

 

政府からの弾圧を結構受けたらしいのですが決して屈せず

 

http://www.shizubi.jp/exhibition/110709_01.php
http://www.shizubi.jp/exhibition/110709_01.php

 

大名行列さえ小馬鹿にしてます(笑)

 

何度も役所に呼び出されては、今でいう始末書を書かされたり

 

罰金を払ってたみたいですが、表現の自由を求め貫き通す姿は

 

当時の江戸っ子達に大きな影響と勇気を与えました。

 

性格的にも親分肌だったらしくかなり慕われていたみたいです。

 

しかし、この感性、センス、アイデアどれをとっても超一流。

 

現代に持ってこられても「超クール」と言うしかありません(笑)

 

☆ーーー☆ーーー☆ーーー☆ーーー☆

Googleさんとお仕事できそうな雰囲気だったのですが

「えみちゃん英語マストだけど大丈夫だよね?」って…

今更言うか!!!無理です(笑)

お仕事貰えたらスタッフさんがお祝いしてくれるって言ってたのにー

でも、諦めてません。

「Googleさんとお仕事したいです。六本木ヒルズでお仕事したいです。」って

一点張りで頑張ってます。

実際、詰んだ感満載ですが(笑)

 


Emi
Emi

コメントを残す